国際ロボット展 2015

 東京ビッグサイトで開催された「2015国際ロボット展」に当研究室で開発しているジャイロバイクを出展しました. 21回目となる今回は、4日間で121,422名が来場しました.

 リモコンによる操作で2輪車を倒れた状態から立ち上がらせたり、障害物を乗り越えたりするデモンストレーションを披露したほか、
 大学の湘南キャンパス内を遠隔操作で走行した際の映像を放映しました. また、日ごろの研究をまとめたポスターを示しながら、これまでの成果や今後の展望についても説明しました.

 大きな反響があり、学生や企業の方々、さらには外国人の方々にも多くの意見や感想をいただくことができました. ブースの説明を手伝った大学院生や学生にとっては、
 社会から自分の研究がどのように見られているかを知る絶好の機会になりました.